このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

インターンシップ研修会 9月3日

  • 掲載日: 2015年09月07日(月)11:22 AM
  • 読了時間目安: 約 51秒
  • 地域づくりコース
  • 観光コース

9月3日午後2時より倉敷ゲストハウス有鄰庵 庵主の中村功芳さんをお招きして、インターンシップ研修会を開催しました。

IMG_5531

中村さんは「徳不孤必有隣」という論語の言葉をもとに、大原孫三郎ら倉敷の先人の思いを大切にしてこれからにつなげるという精神で、ゲストハウス、い草復活プロジェクト、真庭居住プロジェクトなどの活動をなさっています。

ゲストハウスには、ゲストに倉敷のことを学び、好きになり、倉敷の良さを広めてもらえる仕掛けがあり、これまでに52カ国からのゲストがありました。また、そこからスタッフとして様々な活動を担う人材も誕生しています。

IMG_5535

経営情報学科では毎年、有鄰庵にインターンシップをお願いしています。参加者から、インターンシップに臨むに当たって必要なことは何かという質問がありました。それに対して、中村さんは6項目を挙げ、なかでも「学ぶ意識があるか」が最も必要であると仰いました。

中村さんの思いのこもったお話と、それに対する活発な質問で、あっという間の研修会でした。

IMG_5543
TOP