このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

インターンシップ研修会

  • 掲載日: 2015年11月06日(金)15:33 PM
  • 読了時間目安: 約 1分1秒
  • インターネットコース
  • 地域づくりコース
  • 総合ビジネスコース
  • 観光コース

11月6日のゼミナールIで、インターンシップ研修会を開催しました。
両備ホールディングス株式会社 常務取締役の小山嘉紀さん、株式会社両備ヘルシーケアの新井田久典さんと石部茉里江さんを講師としてお迎えしました。

まず、小山さんが「百年企業が求める人財像」と題して、両備ホールディングス創業者の理念「忠恕」(真心からの思いやり)を中心にお話しくださいました。利益ばかりを求めず、お客様および社員の幸せを第一とするという内容に、学生も興味を引かれました。

IMG_5593

続いて、新井田さんが「介護のイメージと実状」という題でお話しくださいました。新井田さんは本学芸術学部卒業で、インターンシップをきっかけに両備グループへ入社されました。現在の介護業界は2000年頃のイメージとは違い、労働環境も良く、また今後成長が見込まれる職種であることを主張されました。

IMG_5601

最後に、石部さんが「入社後の私の成長」という題で、失敗経験を通して、介護を受けている方だけでなく、その家族の気持ちも理解しなければならないことに気付いたというエピソードをお話しくださいました。

IMG_5605

また、小山さんは、将来役に立つ資格についてもアドバイスしてくださり、学生達は真剣に聴き入っていました。

IMG_5592
TOP