このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

ラジコンヘリ大集合(村山研究室のオープンキャンパスの準備)

  • 掲載日: 2014年07月18日(金)22:05 PM
  • 読了時間目安: 約 3分18秒
  • インターネットコース

インターネットコースの村山研究室では、マイコンボードを使った玩具制御の活動をしています。金ちゃんの仮装大賞のおもちゃに始まり、ラジコンカー、ラジコン戦車、ピッチングマシーン、自動販売機、音楽で踊るおもちゃ、鉄道模型Nゲージ(DC制御、及びDCC)など様々な玩具をコンピュータから制御してきました。

そして、最近力を入れているのは、ラジコンヘリコプター(赤外線ヘリを含む)です。最近のラジコンヘリはコンピュータを高度に使いこなしているものが増えてきました。ジャイロセンサー、加速度センサー、磁気センサー、超音波センサー、GPS、気圧センサーなど様々なセンサーを駆使して、姿勢制御、安定制御、高度調整、位置制御など、人間をアシストする機能が充実してきていて、室内でも飛ばしやすいヘリコプターが増えています(おっと、GPSは屋外利用が前提です)。ホビー以外では、従来は農薬散布での利用が多かったようですが、最近は空撮や空輸への応用が増えていて、社会生活に役立つ利用が急増しそうです。

P1010903

村山研究室のヘリ大集合。でも写ってないのが4機ありました。

ヘリには、飛ばす難易度が易しい順に、クワッドコプター、2重反転ヘリ、フライバー付きシングルローターヘリ、フライバーレスシングルロータヘリなど、様々な種類があります。村山研ではこれらの種類をすべて集めて実験できる環境を整えました。学生は、ラジコンヘリを、コンピュータやセンサーの学習、電子工作やプログラミングの学習に活用できます。

P1010897

クワッドコプターが飛び立ちました。iPhoneでも操作可能なDoronです。カメラ付きで動画が見られます。

初心者にも優しいクワッドコプターは、プログラミングがし易い環境が整っています。インターネットコースらしくTCP/IP通信を使って制御ができます(ソケットプログラミング、UDPプロトコルを使います。)。カメラがついていて、無人航空機(ドローン)として飛行することもできます。

二重反転ヘリやフライバー付きのシングルロータヘリは、クワッドコプターと比べると操縦が難しくなりますが、衝突したり落下したりしても壊れにくいものを集めました。

最も操縦が難しいのはフライバーレスシングルロータヘリです。これは、背面飛行(フリップ)やトルネード、メトロノーム、回転しながらの宙返り(ピルエットフリップ)など、3Dと呼ばれるアクロバット飛行が可能なヘリです。コンピュータ制御でアクロバットを実現したいのですが、かなり難しく、本格的な研究テーマになりそうです。

また、ラジコンヘリはやればやるほど奥が深く、のめり込んでいるうちに様々な技術を取得できます。IT技術を学ぶのに最も適した教材ではないでしょうか?(うまく飛ばない時に自分で考えながら調整する作業、壊れた時に自分で修理する作業が重要です。3Dヘリは調整するパラメータも多く、なかなか大変です)

P1010881

2重反転ヘリが飛び立ちました。ビデオカメラ内蔵です。先日RSKラジオのスタジオ内で飛行し、出演者を上空から撮影しました。

2014年7月26日(土)のオープンキャンパスでは、学生たちがヘリを使ったデモンストレーションをします。興味のある方は、ぜひとも見学に来てください。

P1010865

おっと危ない。天井につきそうでした。

TOP