このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

夏のインターンシップ事後指導

  • 掲載日: 2014年09月07日(日)14:19 PM
  • 読了時間目安: 約 52秒
  • 地域づくりコース
  • 総合ビジネスコース
  • 観光コース

経営情報学科では、1・2年次からインターンシップに積極的に参加できる仕組みを整えています。今年も夏期休業中に多くの学生がインターンシップに参加しました。

写真は、9月6日に実施された授業「まちづくりインターンシップ」での事後指導の様子です。倉敷観光コンベンションビューロー、倉敷駅前や美観地区の観光案内所、林源十郎商店、「くるま座有鄰庵」などで、インターンシップを行いました。

最初に一人約10分程度の報告と質疑応答がなされました。報告を受けて、グループワークでは、①インターンシップの成果を3点に要約、②インターンシップの反省点を3点に要約、③今回のインターンシップを今後にどう生かすか、について意見を交換(写真上)。最後に、巡回指導などで大変お世話になりました産学連携プロフェッサーの谷川先生から、総括がなされました(写真下)。参加した学生たちは、ひと夏でたくましく成長し、コミュニケーション能力をはじめ勉学意欲や就業意識が一層高まったものと確信しています。DSC01313 (2)

谷川先生 3
TOP