このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

倉敷みらい講座「日本企業の海外展開」開催

  • 掲載日: 2014年10月12日(日)15:20 PM
  • 読了時間目安: 約 56秒
  • 総合ビジネスコース

第6回倉敷みらい講座が9月28日に倉敷物語館で、経営情報学科岡野喜良教授により「日本企業の海外展開」というタイトルで開催されました。岡野教授は諸外国で幾多の企業経営に携わって来られた企業人です。

講座では、少子化による内需が縮小し、その一方で経済のグローバル化などが進行していることを背景に、日本企業の海外進出の動きが活発になってきています。このことから、企業が海外展開してきた経緯、内容、そこに生じる問題点などについてアジアを中心に講義されました。また、ビジネスに影響を当たている最近の貿易協定などについても概説されました。

 DSC01427

DSC01429

前半は、日本企業が海外に進出していく経緯を時間を追って説明されました。その中で、日本企業の強い点、弱点を、されに覇海外ビジネスにおける要注意点について話されました。後半では、アジアを中心に国々の間での貿易協定に触れられました。特に、現在アメリカ合衆国との間で交渉が行われていますTPPの交渉分野、交渉状況について語られました。その後、参加者から様々な質問がだされ、活発な討議がなされました。

 

TOP