このWebサイトを正常に表示させるには、JavaScriptがONになっている必要があります。

ご注意!この記事は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

両備グループ「新入社員クラス」研修に参加

  • 掲載日: 2015年01月17日(土)19:21 PM
  • 読了時間目安: 約 2分8秒
  • 総合ビジネスコース

両備グループ「新入社員クラス」研修が1月9日(金)に開催されました。本学の学生3名が、オブザーバーとして参加。「PDCA」(仕事の進め方)のプログラムを受講し、新入社員の皆さんと一緒にグループワークなどに取り組みました。経営情報学科からは、1年次の千原さんと吉田さんが参加しました。

DSC01536

手前の3名が本学の学生。正面スクリーンには「行動計画・時間管理」のタイトル。

 

 研修を終えた学生のレポートの中から、その一部を紹介しておきます。

【 コメント 1 】

ケーススタディでは、望ましくない新入社員の例が紹介され、①出勤時間ぎりぎりに出社、②仕事の締め切りに間に合わないケース、③上司や周りの人に相談せずに書類を提出した事例などについて、グループごとに気づいたことを話し合いました。自分の意見を発表する機会がありましたが、皆さんが相槌を打ってくださりとても話しやすかったです。

DSC01551 - コピー

講師の方がマイクを差し出し、いよいよ発表。緊張しましたが、とても温かい雰囲気でした。

【 コメント 2 】

この研修で、①メモを常に持ち、メモを取る、②ホウレンソウ(報告、連絡、相談)を怠らない、③仕事の優先順位を決めて、具体的な計画を立てることの3つのことが特に印象に残りました。実際に私のアルバイト先で、前日に研修で学んだメモを持ち、メモを取る、ホウレンソウを怠らない、仕事の優先順位を決めて、具体的な計画を立てることの3つを意識すると、何と3倍の販売実績を上げることができました。

DSC01543 - コピー

左から千原、吉田さん、生命科学科の山尾さん。企業の求める人材像を低年次から実践的に学びます。

【 コメント 3 】

今回学んだことは、今後の大学生活や卒業後に就職した際にもさまざまに生かせるものと考えます。この内容を就活の面接の際にも話せるように、大学での学びやインターンシップなどで実践していきたいと考えています。2時間半という短い時間でしたが、充実した時間でした。他の学生にもお勧めの研修だと思いました。

TOP